ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

フジ住宅の炭の家/ピュアエアとは、つまり室内の空気がきれいな家のこと。

フジ住宅の炭の家/ピュアエアとは外気を吸気し、炭の層を通すことで、空気を清浄してからお部屋に送る独自の換気システムです。フジ住宅の炭の家/ピュアエアではきれいな空気を採り入れることで、健康で快適な毎日を過ごすことができます。

  • 炭1トン仕様
  • 新鮮な空気を取り入れる換気方法
  • 室内の空気環境

炭1トン仕様
炭の吸着・分解効率は一般的な住宅の場合150kgで十分と言われていますが、炭の家では、1階床下と天井懐空間に総量1トンの炭を敷設。半永久的な効果が期待できます。炭の層を通して空気を浄化する換気システムで室内の空気はいつもさわやか。

新鮮な空気を取り入れる換気方法
病院の手術室にも使用される「第2種換気」を採用、炭の層を通して強制的に空気を給気し、室内を一巡した吸気を排気口から自然排出するシステムです。一般的な換気と比較し換気効率が良く、新鮮な空気を確実に供給できます。

室内の空気環境
「フジ住宅の炭の家/ピュアエア」はシックハウスの原因になる有害物質室内濃度0.01ppm以下を実現
シックハウスの代表的な原因物質となるホルムアルデヒド、めまいなどの健康障害を引き起こすエチルベンゼンなどが厚生労働省が基準と定める数値を大きく下回っています。

※有害化学物質、特にホルムアルデヒドは家具等に使用されている接着剤や整髪料など様々な物に微量ながら含まれている為、次の条件で有害化学物質の数値測定を実施しております。

  • 建物完成後、備え付けの家具等がない状態で7日間の換気を行ない、そのうち3日間は建物内への入室も一切禁止した上で測定。
  • 測定現場は、弊社スカイフォレストさくら坂の207号地。
  • 測定日は平成21年11月24日、気象条件は天候曇り、気温11.8℃、湿度78%で実施。

尚、季節により木材の乾燥度にも違いがあること、又天候により有害化学物質の揮発期間(発散期間)に差がある事から建物完成後即の測定では有害化学物質濃度が0.01ppm以下にならない場合がございます。

炭と住まいのいい関係

1.空気清浄効果

目に見えない微細な孔(あな)を持つ、炭の構造。そのために表面積が非常に広く、この無数の孔(あな)が空気中のホルムアルデヒドなどの有害化学物質を吸着・分解。空気を清浄に保つ効果があるといわれています。

2.調湿作用

炭は、空気中の余分な湿気を吸収、乾燥すると水分を放出します。世界最古の木造建築・法隆寺が高温多湿な日本の気候風土で生き抜いてきたのも、床下に敷きつめられた炭と無関係ではなさそう。高気密ゆえに湿気がカビやダニの原因となりやすい現代住宅にとっても、炭は見逃せません。

3.防腐効果

炭の優れた調湿機能は、床下の結露を防ぎ、害虫や腐敗菌の発生を予防。木材の耐久性を高めます。さらに酸化を防ぎ、酸化している状態を元に戻す性質もあると言われています。2000年前から古代中国の美しいミイラの姿を守っていたのも、大量の炭のおかげといえるでしょう。

4.マイナスイオン作用

マイナスイオンの効能としては、脳内にα波を発生させることで心身をリラックスさせたり、疲労回復、抵抗力アップなどに働く、別名”空気のビタミン”と言われています。炭の主成分である炭素は活発なマイナス電子を豊富に有しており、周囲にマイナス電子を供給することでマイナスイオンを増加させる働きがあると言われています。

5.消臭効果

空気中に含まれるニオイの分子を吸着・分解してくれるのも多孔質の炭ならでは。
炭の層を通して室内空気を換気する「フジ住宅の炭の家/ピュアエア」では、ご入居された方から「焼肉の翌日でもニオイが気にならなかった」というご感想をいただいております。

6.遠赤外線作用

物や人体の表面だけでなく深部まで温める性質を持つ遠赤外線。炭は火をつけなくてもそれ自体が遠赤外線を発しています。 炭入りの寝具が体によいといわれるのも、遠赤外線効果で体全体の血行が促進され、細胞の働きが活発になるためです。

室内空気を清浄化する特許

フジ住宅は炭の効果を最大限に引き出します。

特許取得
特許第3488921号

「炭1トン仕様カーボンエアクリーンシステム」は地方独立行政法人北海道立総合研究機構とホーム企画センターが共同で特許を取得したシステムです。
フジ住宅は炭の効果を最大限に引き出すこのシステムを導入しています。

商品ラインナップ

フジ住宅の注文住宅・建て替えの商品ををご紹介します。
大阪の注文住宅・建て替えの詳細をお届けします。